NPGクナド|nipponia

はじめに言葉ありき......地球が生まれて46億年、写真植字機が生まれて80年、めざましい進歩を遂げた日本の書体デザイン。森澤信夫(1901-2000/モリサワ創業者)とともに写植機を発明した英雄、石井茂吉(1887-1963/写研創業者で書体デザイナー)ははじめにゴシック体と楷書体を開発。石井氏の書体は筆の柔らかな息づかいが感じられるヒューマニスト書体として、それまでの金属活字とは一線を...

Actions
Connections