屋根滑り廊下で昼寝-かげろう集落 " Tato Architects - タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所

所在地/京都府京都市 主要用途/インスタレーション 設計 タトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所 担当/島田陽 佐藤伸彦 構造 tmsd萬田隆構造設計事務所 担当/萬田隆 加藤泰二郎 展示期間 2017年8月26日〜2017年9月3日 「屋根滑り廊下で昼寝-かげろう集落」 夏の終わりに陽炎のように元小学校の校庭に現れ、消えた集落。 かつて市民の寄付によって作られ、小学校として使われていた校舎は芸術センターとして現在は利用されている。その校庭跡地で、日独仏6組の建築家達の仮設建築による展覧会が行われた。 国籍が違う6組の建築家は顔合わせの後、監修の建築史家:五十嵐太郎氏と伴に、この場所で何を行うべきか公開シンポジウムを行った。その後も幾度かの国を跨いでの打ち合わせを繰り返し、実際に利用される公共空間として、この建築群が建ち上がった。 僕らが作った「Roof Slider/Napping corridor-屋根滑り廊下で昼寝」は向かい合う旧校舎にあったふたつの出入口に着目し、それらを6m*30mの農業用のファブリックを懸けた「回廊」で繋いだ。管理が違い普段は通ることが禁止されているグラウンドを繋ぐ渡り廊下は、グラウンド奥への通路を確保するために隆起している。駆け上がった体験者は布でできた領域に入り込み、頂点に達すると滑り落ちる。神社の縁側のような渡り廊下は、昼寝をするもの、茶会を行うもの、さまざまな使い方を誘発していた。 僕らの作品を含め、いくつかの作品は老舗の繊維問屋の多いこの地域の文化を参照するかのようにファブリックを使用したり、ファブリックを思わせる影をつくりだしたりしていた。 最初のシンポジウムで話題に上ったのは日本の公共空間の禁止事項の多さだった。かげろうのようにあらわれて消えたこの集落で「~してはいけない」ではなく「~もできるのでは?」と人々が主体的に空間の可能性できる「禁止事項の少ない」公共空間を、子どもも大人も心身共に満喫した。その体験が、これからの公共空間を考える端緒となれば幸いである。 Location / Kyoto, Japan Installation art / Design Design Tato Architects/Yo Shimada Team / Yo Shimada Nobuhiko Sato Structure Takashi Manda Structural Design Team / Takashi Manda Taijiro Kato Exhibition period 26.Aug.-3.Sep.2017 Roof Slider/Napping corridor, in The Kagerou Village An extemporaneous exhibition created in the schoolyard of a former school, founded by the donations of local citizens, now used as an art center.

Actions