「だれでも自由に改憲できる日本国憲法」改憲の歴史 - nomolkのブログ

先週、 このニュースを見て思い出したんだけど、2012年に日本国憲法をWikiに置いて誰でも改憲できるようにしたことがあった。 日本国憲法を置いておいたので自由に改正してください https://t.co/umRgw9ao - メルセデスベン子 (@nomolk) 2012年6月26日 当時のページは ここにまだある けど、jottitが放置サービスになっていてセキュリティ警告が出るので直接の閲覧はおすすめしない。 当時の主な改憲内容をかいつまむと、 前文は保護者へのおたよりに改憲され、 国家の象徴は栗山千明さんになり※当時、涎先生という2chのコテハンの発言「栗山千明率いる謎の軍勢に故郷の村を焼かれたい」が身近な界隈で微妙に流行っており、その影響と思われる( 参考 ) 第九条では国際平和を希求するため犬、猿、雉および ドリルスペイザー を放棄。3.56立方メートルのパンドラの箱を保持し、有事の際はこれを開けると脅すことで敵国を威嚇することに。 立法機関は猫会であり、シュギーンと 女囚アマゾネス軍団 で構成されている。 5章では行政権がかわいい柴犬に属することを規定され、8章では地方自治に相当するものが ハムちゃんず であると定義。 最終章で 伝説になった 上にアンケート付きというおもてなしぶりであった。 久しぶりに見返して、なつかしいな~という気持ちとともに、「もう一度、だれの承認も得ず無責任に憲法が改正される様子を見たい」「野放図な改憲で国がめちゃくちゃになる様子が見たい」という思いがムクムクと湧いてきてしまった。 そこで、より現代的なプラットフォームであるGoogle Docsを舞台に、新たに2020年版の『誰でも改憲できる日本国憲法』を設置した。 本記事では、筆者の設置した『誰でも改憲できる日本国憲法』がその後どのような道のりをたどったか、改憲の様子を時系列で見ていきたい。 なお数千にわたる膨大な改憲履歴のすべては網羅できないため、特に筆者の目を引いたもの/移り変わりを見るうえで重要なものを抜粋して紹介するにとどめる。 2020年4月10日 21:37 日本国憲法を設置 2020年4月10日 21:41 まっさらだと編集しにくいかと思い、前章で紹介した、2012年版の改憲済み日本国憲法を再設置。 ( ※以降、筆者は編集に関与せず神の視点で鑑賞に徹します。 全削除等された際の復旧を除く。) こんちゅ、めちゃ笑ってしまった pic.twitter.com/WC9FpM9Foy - メルセデスベン子 (@nomolk) 2020年4月10日 2020年4月10日 23:52 外閣の内容が憲法内で規定されはじめるも意味不明。 次いで中閣も現れる。(※別紙は存在しない) 2020年4月11日 2:09 Google ドキュメントの設定が「誰でも編集可・権限変更可」になっていたため、何者かが編集権限を「オーナーのみ」に変更。改憲が凍結される。 ここまでが初日の出来事。 なお、筆者は当初、TwitterにてこのドキュメントのURLを貼り改憲を促していたが、500RTを超えたため0時ごろにいったん削除した。 (経験上、Twitterで1000RT、はてなブックマークで200ブックマーク程度を超えると想定外の層にリーチしはじめ、突然怒られる可能性が高まる。) 2020年4月11日 11:39 筆者、編集権のリクエストが大量に送られてきたことで編集不可になっていることに気づき、編集権を再度付与。 2020年4月11日 18:01 最初期に前文に追記された「以下、ラーメンの話を難しく聞こえるように記す。 」のあと、本当にラーメンの説明が書かれ始める。(以降、どんどん詳しく改憲されつづける) ※ここまですべての改版履歴を目視して主要なものをピックアップしてきましたが、そろそろ疲れてきたので1時間ごとの目立った改憲内容を見ていきます。 2020年4月11日21時台 文字化けしていた第97条(基本的人権の本質)が SCP案件 に。 2020年4月11日22時台-23時台 第91.5条の新設。 ※参考 第64条台、テンションで押し切るタイプの条文が出現。 ※参考 そして...

Actions
Connections