次元の研究者であるゾラ・メーレトゥというひとりの女性は懐胎していたが、あるとき胎児の命は奪われた。それから彼女は会うことができなかった子どもの存在を、4つ目の次元へ求めた。どういうことか。
彼女の持論は簡素に述べると以下になる。2次元に2つの丸があるとする。それを3次元方向に拡張すると、円柱や円錐になる、または瓶やペットボトルにもなれる。次元をひとつ引き上げることは、何にでもなれる可能性を持っている。[1]
では同様に、3次元で知覚している死が、4次元によって拡張されたとき。丸が何にでもなったように、死にもまた死以外の可能性があると彼女は見出した。(また幽霊と呼ばれるものは、4次元にある死の別の形が、時たま3次元に混線してくるため、感じられる存在だとしている。ヴェールは幽霊の記号となった。)[2]
メーレトゥはこのような言説を「Death is old-fashioned」と名付け、これを用いて、失った子に会おうとした。しかし、死という天命を人間が転覆させることは禁忌の領域であった。そのため、メーレトゥは神々に罰せられることになるが、メーレトゥの子を想う心に憂慮した神々は、メーレトゥをヴェールへと変えた。
ヴェールというものは、半透明であり人が纏うはずのそれは、不在を限りなく実在へたぐりよせる道具である。御簾越しの透影に、それぞれの男性が思い描く姫が存在したように。彼女は、4次元方向への拡張のため、ヴェールの体の中に時間としての糸を這わせる。
「もう存在しない子どもを、ヴェールという薄くて半透明の、その膜の表面まで引き寄せることができたなら。4つ目の次元で会いましょう。」[3]

Probable Cause
Actions
Connections